レーザー療法

 
 
 
 

レーザー治療器(スーパーライザー)

痛みやストレスなどで緊張状態にある神経を、正常な状態に近づける特殊レーザー治療機です。近赤外線を使用しているので、刺激はほとんど感じません。
鎮痛・消炎効果と、自己治癒能力の向上を促す効果が期待できます。
各関節痛・腱鞘炎・肉離れ・捻挫・テニス肘・五十肩・自立神経失調症・冷え性・むくみなどの改善が期待できます。

適応症状

  • 各関節痛
  • 腱鞘炎
  • 肉離れ
  • 捻挫
  • テニス肘
  • 五十肩
  • 自立神経失調症
  • 冷え性
  • むくみ

レーザー療法(スーパーライザー)について

当院での特徴の1つにスーパーライザー治療があります。
スーパーライザーは、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器です。半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長対を有する複合波長で有るため、深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。
その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、医療現場で幅広く利用されています。
当院では出力2.2Wタッチパネル方式のTPシリーズを使用しています。

スーパーライザー(レーザー療法)の有効性

Point.1
スーパーライザーは、体の深いところまで届くように考えられた温かい赤い光(近赤外線)で、痛いところの血の流れを良くして痛みのもとを洗いながしてくれます。神経に直接作用して、体の健康になろうとする力を助けてくれます。光を当てるだけで心地よい温感があり、皆さんの痛みを和らげ健康増進を図ることができ、ストレスなどで緊張している神経を平常な状態にもどしてくれます。
Point.2
スーパーライザーは身体の痛みを楽にする事が期待できます。首、肩、背中、腰、膝など、身体の痛い部分に使えます。
スーパーライザーは、トリガーポイントへのマッサージやブロック注射、あるいは針治療と同じように、末梢の筋肉にじかに作用します。身体の痛い箇所に当てることで、効果が期待できます。
Point.3
星状神経筋近傍照射療法

皆さんがストレスを受けると、自律神経の中の交感神経が興奮し血管を縮めます。血管が縮まると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、様々な痛みや体の変調を訴えるようになります。
このような症状を和らげる為に、喉の一箇所にスーパーライザーを照射する星状神経筋近傍照射という治療法があります。
この治療法は痛みがなく、安全で副作用もない治療法の一つです。
ナガセ接骨院 お問い合わせはこちら
ナガセ接骨院 お問い合わせはこちら
気になる方はこちら
院長ブログ GENKI-STYLEブログ Facebook Twitter エキテン EPARK からだリフレ エレサス レーザー療法 ケアマネージャー リハビリサービス