交通事故治療

お問い合わせからご来院、治療、治療終了までの流れ

  • 当院では、整形外科医院などと提携し、確実な交通事故治療を行います。
  • 面倒な保険会社との交渉は、ご相談に応じます。
  • 交通事故に精通した顧問弁護士の存在で、お客さまにもっとも有益なアドバイスをさせていただきます。
1.警察に交通事故の届け出

加害者側からはもちろん、被害者側からも警察に交通事故を届け出る必要があります。(特にケガをした場合は「人身扱い」の届出を行います。)
仮渡金の請求などで必要となります。そのために、早めに自動車安全運転センターへ「交通事故証明書」の交付を依頼します。

 
2.医療機関のご紹介

レントゲン検査などを受けていただく必要があります。当院にご来院くだされば、紹介状を書き、適切な医療機関をご紹介します。

 
3.保険会社に、接骨院での治療を希望することを伝えます。

面倒な手続きは当院で代行いたします。保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入ります。

 
4.ご来院

交通事故治療をスタートします。お電話にてご連絡をいただくか、直接お越しください。
その際に、以下のものを準備してください。

  • お取扱いの保険会社の会社名と連絡先、ご担当者名
  • 病院で受診された方は診断名(分かる範囲で結構です)
 
5.問診票の記入・カウンセリング

交通事故治療に必要な問診を行います。

  • 事故発生の日時や状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの状態
  • 取扱い保険会社の確認(当院にて、保険会社へ手続きを行いますのでご安心ください)
 
6.触診

ケガの状態を、柔道整体師が自分の指で触って確認します(触診)。
ケガの痛み具合や腫れ、患部に熱があるか、機能障害の有無などを、検査やテストで確認。その結果を踏まえ、治療のプランを組み立てます。

 
7.治療開始

治療プランにご納得をいただいた上で、治療を開始します。
症状に合わせて、電療、冷あん法、温あん法、手技療法、運動療法等の中から、治療をします。

 
8.治療の完了

症状が改善されたら、治療完了となります。
保険会社に「治療が完了した」という内容の書類を作成し、送付します。
その後、保険会社に立替分、交通費などの費用を算出してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得していただいた上でサインし、治療完了となります。

病院・接骨院の主な違い

病院:CTやMRIといった大型機器を使用した検査は、病院で行う必要があります。当院では、提携している病院をご紹介し、安心の検査を受けていただけます。
当院では熟練の柔道整復師が、実際にケガをした部分を手技で治療を行います。
当院での施術は、理学療法や手技などで、時間をかけてじっくりと行うことが特徴です。
病院での検査に異常がなくても、症状が思わしくない場合もあります。検査で現れない症状にも、当院ではしっかりと対応いたします。
また、お客さまの声を丹念にお聞きし、ケガの原因を見落とさないように細心の配慮で対応いたします。

当院の交通事故治療

交通事故に遭われた直後のお客さまは、急性期のケガということになります。急性期のケガには、微弱電流治療器「エレサス」を使用し、可能な限り痛みを早く緩和することに努めます。この「エレサス」による治療は、大きな効果が期待できます。
急性期の治療が終了したら、ホットパックや手技療法、ウォーターベッド、レーザー療法など、お客さまのケガの状態に合わせて治療を進めます。

むち打ち症とは

むち打ち症は、交通事故で引き起こされる後遺症の代表的なものです。
自動車事故に遭うと、衝突の衝撃で、車内にいる人の体はむちのようにしなって、座席などに叩きつけられます。そのときに、頚椎や腰を痛める急性期のケガのことを、むち打ち症といいます。
事故に遭った直後は、体が興奮状態にあるのであまり痛みを感じません。むち打ち症も同じで、事故直後よりも、翌日以降に痛みが出やすいことが特徴です。

むち打ち症の主な症状

むち打ち症は、衝撃時に痛める首や肩の痛みはもちろん、神経を痛めるために目まいや手のしびれ、吐き気などが起きることがあります。事故直後よりも、翌日以降に痛みが出やすいので、注意が必要です。

  • 首の痛み
  • 肩の痛み、こり
  • 倦怠感や頭痛
  • 手がしびれる
  • 吐き気がする
  • 目まいがする

○妊婦さんやお子様連れでも安心して施術を受けられるよう、
スタッフ一同心くばりを忘れず対応してまいります! 


妊娠中のむち打ち治療

妊娠中に交通事故に遭ってしまった場合、レントゲン検査や投薬などで悩む妊婦さんが少なくありません。当院では症状に合わせて、可能な限り治療を行います。
電気治療機器は使用せず、手技や温熱療法などお腹の中の赤ちゃんに影響の出ない治療をいたします。
妊娠中の方のむち打ち症は、むち打ちからいろいろな症状が併発される可能性があります。たとえば、首を痛めると、腰や背中まで痛くなる可能性があります。そういった部分も考慮して、細心の注意をもって治療しています。

こんな状況ならまず一度お問合わせください 

  • かかりつけの病院が交通事故治療に前向きでない
  • 痛みや吐き気などの症状が続いており、改善がみられない
  • つわりによる吐き気か、むち打ち症による吐き気か判別がつかない
  • 病院での治療頻度で満足いかない

当院での施術の前に…

当院での施術の前に確認頂きたいこと。

  • 病院での検査を受ける。
  • 通っている産婦人科に相談する。
  • 接骨院で治療を受ける旨を保険会社に連絡する。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ナガセ接骨院 お問い合わせはこちら
ナガセ接骨院 お問い合わせはこちら
気になる方はこちら
院長ブログ GENKI-STYLEブログ Facebook Twitter エキテン EPARK からだリフレ エレサス レーザー療法 ケアマネージャー リハビリサービス